Tuesday, April 21, 2015

意識の内訳

一般的な真理の領域に於ける意識の内訳は次の通りです。

<仏教>
普遍(共相) ---------------------  特有(自相)
(例:接触、注目、感覚、          (例:意図、決意、マインドフルネス、
   知覚、動機)              集中、洞察) 

ロウソクの炎を実体 ------------ ロウソクの炎を多くの映像の 
(他から分離されていて           連続と見る
長持ちするもの)と見る

精神的な構築 ------------------- あるがままの現実(そのまま)
(心の描写・代弁)

顕在意識 ------------------------- 潜在意識と(顕在意識を
                                               介さない)感覚意識 
                                              
条件付けされた現象 ----------- 無条件(条件付けされていない)
(例:夢、幻想、泡、イメージ)

* 潜在意識と(顕在意識の影響がない)感覚意識は、直接「特有」に触れることができる。(「普遍」は「特有」からできている)

* 仏陀は、「全ての条件付けされた現象は、夢や幻想や泡のようなもので、露のしずくのような、又は電気的稲妻のようなイメージである。貴方は条件付けされた現象をそのように見るように自分を訓練すべきである」と言いました。(金剛経より

<私見>
外観(幻想) ------------------------ 現実

精神投影 --------------------------- 正しい見方(洞察)

煩悩 --------------------------------- 穏やかな心

無頓着 ------------------------------ マインドフルネス(念)

 ------------------------------------ 潜在意識

考える ------------------------------- 考えない (洞察)

エゴ(自性自己) ------------------- 本当の自分(無自性自己)

Cf. http://compassion5151.blogspot.jp/2015/01/cinematographic-nature-of-our.html
Cf. http://www.slideshare.net/compassion5151/3-46874436

Who's there Photo by n. banner