Saturday, October 31, 2015

Reality vs Appearance 現実と外観

Reality vs Appearance
Existence vs Manifestation

Reality = Existence  (touchable)
Appearance = Manifestation  (visible)

Reality is always existence.
Appearance is not always existence. (ex. rainbow)
Reality is not always manifestation. (ex. flame of a match)
Appearance is always manifestation.
Existence is always reality.
Manifestation is not always reality. (ex. rainbow)
Existence is not always appearance. (ex. flame of a match)
Manifestation is always appearance.

現実外観 (現実手で触れられる外観目で見える
存在顕現 (存在手で触れられる顕現目で見える

現実は必ず存在している。
外観は必ずしも存在していない。(
現実は必ずしも顕現していない。(マッチの炎
外観は必ず顕現している。
存在は必ず現実である。
顕現は必ずしも現実ではない。(
存在は必ずしも外観ではない。(マッチの
顕現は必ず外観である。

現実存在       Reality = Existence  (touchable)
外観顕現       Appearance = Manifestation  (visible)

現実form存在emptinessに置き換えて上記を翻訳すると)
Form is emptiness. (Form is non-form.)
Non-form is not always emptiness. (Non-form is not always non-form and is sometimes form.)
Form is not always non-emptiness. (Form is not always form and sometimes non-form.)
Non-form is non-emptiness. (Non-form is form.)
Emptiness is form. (Non-form is form.)
Non-emptiness is not always form. (Form is not always form and sometimes non-form.)
Emptiness is not always non-form. (Non-form is not always non-form and sometimes form.)
Non-emptiness is non-form. (Form is non-form.)

(上記を直訳すると)
形ある物である。(形ある物は形ない物である)
形ある物以外(形ない物)は必ずしもではない。(形ない物は必ずしも形ない物ではなく、形ある物でもある)
形ある物は必ずしも空以外ではない。(形ある物は必ずしも形ある物ではなく、形ない物でもある)
形ある物以外(形ない物)は空以外である。(形ない物は形ある物である)
形ある物である。(形ない物は形ある物である)
空以外は必ずしも形ある物ではない。(形ある物は必ずしも形ある物ではなく、形ない物でもある)
は必ずしも形ある物以外(形ない物)ではない。(形ない物は必ずしも形ない物ではなく、形ある物である)
空以外(形ある物)は形ある物以外(形ない物)である。(形ある物は形ない物である)

形ある物現実存在に置き換えて上記を再翻訳すると)
現実存在である。
非現実(外観)は必ずしも存在ではない。
現実は必ずしも非存在(顕現)ではない。
非現実(外観)は非存在(顕現)である。
存在現実である。
非存在(顕現)は必ずしも現実ではない。
存在は必ずしも非現実(外観)ではない。
非存在(顕現)は非現実(外観)である。

現実存在)      (外観顕現
手で触れられる - 目で見える
手で触れられる - 目で見えない(マッチの炎)
手で触れられない - 目で見える
手で触れられない - 目で見えない

(Reality = Existence)      (Appearance = Manifestation)
touchable ------------------ visible 
touchable ------------------ invisible (ex. flame of a match)
untouchable --------------- visible (ex. rainbow)
untouchable --------------- invisible

Friday, October 30, 2015

The Heart Sutra (revised 2) 「般若心経」(改訂版2)

Just uploaded the revised version of translation and commentary of "The Heart Sutra" at SlideShare as follows:

The Heart Sutra (Free Translation and Commentary)
http://www.slideshare.net/compassion5151/the-heart-sutra-free-translation

The Heart Sutra (Ultimate Translation and Commentary) New
http://www.slideshare.net/compassion5151/the-heart-sutra-ultra-translation

Please note that I am planning to replace the following two e-books on sale at the Amazon with the revised versions in accordance with the above-mentioned revision.

The Heart Sutra (Free Translation and Commentary) 
http://www.amazon.com/dp/B00WBTLPUM

The Heart Sutra (Ultimate Translation and Commentary)
http://www.amazon.com/dp/B00WBTLNEU

(Cf.) http://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

「般若心経」の翻訳と解説(改訂版)を、以下の通りSlideShareにアップロードしました。

「般若心経」(超訳と解説)
http://www.slideshare.net/compassion5151/ss-17055865

「般若心経」(究極超訳と解説) New
http://www.slideshare.net/compassion5151/ss-46388351

尚、アマゾンで発売中の以下二冊は、上記改訂に合わせ、近々改訂版へ差し替える予定です。

「般若心経」(超訳と解説)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00WBT5N9Q

「般若心経」(究極超訳と解説)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00WBP308Q

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS

Thursday, October 29, 2015

The Heart Sutra (revised) 「般若心経」(改訂版)

Just uploaded the revised version of translation and commentary of "The Heart Sutra" at SlideShare as follows:

The Heart Sutra (Free Translation and Commentary)
http://www.slideshare.net/compassion5151/the-heart-sutra-free-translation

The Heart Sutra (Ultimate Translation and Commentary)
Coming up soon!

(Cf.) http://www.amazon.com/dp/B014NYEP04


「般若心経」の翻訳と解説(改訂版)を、以下の通りSlideShareにアップロードしました。

「般若心経」(超訳と解説)
http://www.slideshare.net/compassion5151/ss-17055865

「般若心経」(究極超訳と解説)
近々アップロード予定!

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS


Buddha

Wednesday, October 28, 2015

十六念息(改訂版)

(改訂版)
念息経
【 十六念息 

息を吸って ~ : 原文
息を吐いて ~ : 私の解説版
                       (私=目覚めた意識=息をする人

1. 呼吸に意識を集中する
「長い息を吸って、
私は長い息を吸っているのを知っています。 
長い息を吐いて、私は目覚めた意識、目覚めた意識長い息を吐いています。

2. 「息をする人=目覚めた意識=私」を実感する

「短い息を吸って、私は短い息を吸っているのを知っています。 
短い息を吐いて、私は目覚めた意識、目覚めた意識短い息を吐いています

3. 全身をスキャンする

「息を吸って、私は自分の全身に気付いています。
息を吐いて、目覚めた意識は全身の痛みに気付いています。

4. 全身の痛みを和らげる

「息を吸って、私は自分の全身を落ち着かせます。
息を吐いて、目覚めた意識は全身の緊張を解放します。

5. 喜びを感じる
「息を吸って、私は喜びを感じます。 
息を吐いて、目覚めた意識は生命の奇跡に触れられるので喜んでいます。

6. 幸せを感じる

「息を吸って、私は幸せを感じます。 
息を吐いて、目覚めた意識は生命の奇跡に触れられるので幸せです。

7. 感情をスキャンする

「息を吸って、私は自分の感情に気付いています。
息を吐いて、目覚めた意識は苦痛の感情に気付いています。

8. 苦痛の感情を静める

「息を吸って、私は自分の感情を静めます。
息を吐いて、目覚めた意識は感情の緊張を解放して苦痛の感情を静めます。

9. 心行とその種子をスキャンする

「息を吸って、私は自分の心に気付いています。
息を吐いて、目覚めた意識は心行と潜在意識の種子に気付いています。

10. 選択的水やりをする

「息を吸って、私は自分の心を幸せにします。
息を吐いて、目覚めた意識は選択的水やりによって心行を喜ばせます。

11. 心行に集中する

「息を吸って、私は自分の心に集中します。
息を吐いて、目覚めた意識は洞察を得るため心行に集中します。
(目覚めた意識は根本原因を理解するため心行を深く観ます。)

12. 心行を解放する

「息を吸って、私は自分の心を解放します。
息を吐いて、目覚めた意識は洞察を通して心行を解放します。
目覚めた意識は思いやりのエネルギーで心行を変容します。)

13. 無常を瞑想する

「息を吸って、私は全ての心の対象の無常の性質を観ます。 
息を吐いて、目覚めた意識は全ての知覚の無常の性質を観ます。
(心の対象、即ちこの世界は知覚にすぎず、無常です。思考を停止した場合にのみ、穏やかで透明な心があるがままの現実を映し出せます。

14. 非渇望を瞑想する

「息を吸って、私は欲望の消滅を観ます。
息を吐いて、目覚めた意識は考えの消滅を観ます。
(渇望は考えにすぎず、時間が経つと消滅します。

15. 無我を瞑想する

「息を吸って、私は全ての現象の不生不死の性質を観ます。 
息を吐いて、目覚めた意識は無我を観ます。
(「空」、即ち相互依存は究極の真理です。「それがあるから、これがある。」

16. 全ての概念の絶滅を瞑想する
「息を吸って、私は手放しているのを観ます。
息を吐いて、目覚めた意識全ての概念の絶滅、即ち涅槃を観ます。
(全ての概念が誤りであると確信していますので、全ての概念、全てのものを手放します。

1-4: 体
5-8: 感情
9-12: 心(心行 + 意識)
13-16: 心の対象(
知覚の対象 = 知覚)

(原文は、プラム・ヴィレッジのティク・ナット・ハン、僧侶、尼僧によって編集されたプラム・ヴィレッジの詠唱・暗唱本である「念息経に関する説教」より抜粋) 

(参考)
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/06/blog-post_21.html
http://www.mindfulnessbell.org/articles/mb53.pdf (p4-9)
https://www.youtube.com/watch?v=ZVEO3YCNVoE(0~27:30)

ティク・ナット・ハン

Tuesday, October 27, 2015

16 exercises on mindful breathing (Revised)

(Revised)
Sutra on Mindful Breathing
(Sutra on the Full Awareness of Breathing)
- 16 exercises on mindful breathing -

Breathing in ~ : original
Breathing out ~ : my commentary version
                            (I = awareness = breather)

1. Concentrating on breathing
‘Breathing in a long breath, I know I am breathing in a long breath.
Breathing out a long breath, I am awareness, awareness is breathing out a long breath.

2. Realizing "breather = awareness = I"
‘Breathing in a short breath, I know I am breathing in a short breath.
Breathing out a short breath, I am awareness, awareness is breathing out a short breath.

3. Scanning the whole body
‘Breathing in, I am aware of my whole body.
Breathing out, Awareness is aware of the pain in the whole body.

4. Calming the pain in the whole body
‘Breathing in, I calm my whole body.
Breathing out, Awareness releases the tension in the whole body.

5. Feeling joyful
‘Breathing in, I feel joyful.
Breathing out, Awareness is joyful because awareness can touch the wonders of life.

6. Feeling happy
‘Breathing in, I feel happy.
Breathing out, Awareness is happy because awareness can touch the wonders of life.

7. Scanning the feelings
‘Breathing in, I am aware of my mental formations.
Breathing out, Awareness is aware of the painful feelings.

8. Calming the painful feelings
‘Breathing in, I calm my mental formations.
Breathing out, Awareness calms the painful feelings by releasing the tension in the feelings.

9. Scanning the mental formations and the seeds
‘Breathing in, I am aware of my mind.
Breathing out, Awareness is aware of the mental formations and the seeds in store consciousness.

10. Selective watering
‘Breathing in, I make my mind happy.
Breathing out, Awareness gladdens the mental formations through selective watering.

11. 
Concentrating on the mental formations 
‘Breathing in, I concentrate my mind.
Breathing out, Awareness concentrates on the mental formations to attain insights.

(Awareness looks deeply into the mental formations to understand the root cause.)

12. Liberating the mental formations
‘Breathing in, I liberate my mind.
Breathing out, Awareness liberates the mental formations through insights.

(Awareness transforms the mental formations by the energy of compassion.)

13. Contemplating impermanence
‘Breathing in, I observe the impermanent nature of all dharmas.
Breathing out, Awareness observes the impermanent nature of all perceptions.

(Object of mind, or this world is just our perception and impermanent. Only if we stop thinking, our calm and clear mind can reflect the reality as it is.)

14. Contemplating non-craving
‘Breathing in, I observe the disappearance of desire.
Breathing out, Awareness observes the disappearance of idea.

(Craving is just an idea and disappears in time.)

15. Contemplating no-self
‘Breathing in, I observe the no-birth, no-death nature of all phenomena.
Breathing out, Awareness observes no-self.

(Emptiness, or interbeing is the ultimate truth. This is because that is.)

16. Contemplating 
the extinction of all notions
‘Breathing in, I observe letting go.
Breathing out, Awareness observes 
the extinction of all notions, or nirvana.
(I let go of all notions, of everything because I am convinced that all notions are wrong.)

1-4: Body
5-8: Feelings
9-12: Mind (mental formations + consciousness)
13-16: Objects of Mind (dharmas = objects of perceptions =
                                       perceptions)


* The original is excerpted from “Discourse on the Full Awareness of Breathing,” Plum Village Chanting and Recitation Book, compiled by Thich Nhat Hanh and the Monks and Nuns of Plum Village. 

(Cf.)  
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/06/16-exercises-on-mindful-breathing.html
http://www.mindfulnessbell.org/articles/mb53.pdf (p4-9)
https://www.youtube.com/watch?v=ZVEO3YCNVoE(0~27:30)

Thay's Calligraphy

Monday, October 26, 2015

The Seven Factors of Awakening

Chapter 26 The Seven Factors of Awakening
(from "The Heart of the Buddha's Teaching" by Thich Nhat Hanh)

1. Seven Factors of Awakening:
(1) Mindfulness
(2) Investigation (of phenomena)
(3) Diligence (energy, effort, perseverance)
(4) Joy
(5) Ease (relaxation)
(6) Concentration
(7) Letting go (equanimity)

2. My understanding of awakening path:
(1) The Four Noble Truths
(2) The Noble Eightfold Path
(3) The Four Establishments of Mindfulness (The Sutra of  Four 

     Foundations of Mindfulness) ⇒
(4) The Sutra on the Full Awareness of Breathing (The Sutra on 

     Mindful Breathing, or Sixteen exercises on mindful breathing) 
     ⇒
(5) The Heart Sutra ⇒
(6) The Seven Factors of Awakening
(7) The Four Immeasurable Minds

[can be categorized as follows: ]
(1)-(2): the whole picture
(3)-(6): the concrete practice methods
(6)-(7): the fruits through the practice

【四聖諦⇒八正道⇒四念処⇒念息経(十六念息)⇒般若心経⇒七覚支⇒四無量心】

3. Existence or Manifestation (Reality or Appearance)
Thay wrote, ’But if you look around, you will never find an
"I"’.
"I": ego (Manas, separate self)
 

* The reality does not exist as it appears.
(1) The manifesting thing is not always existing.
* Ego manifests although it doesn't exist. 

   (Appearance without Reality)
* Ego is like feelings, movies and rainbows.
* Ego causes illusions or delusions as if they exist. That's 

   because all of them are projections of mind.
* Ego misunderstands that they exist because they manifest.
* However, those phenomena do not always exist even if they 

   manifest. (Manifestation without Existence)
(2) The non-manifesting thing is not always non-existing.
* Every matter including humans exists even if it doesn't 

   manifest. (Reality without Appearance)
* Every matter is like happiness, the flame of a match and a wave 

   in the ocean.
* Ego causes illusions or delusions as if they don't exist. That's 

   because all of them are the object of mind and can't be 
   projected without manifestations. They don't manifest when the 
   conditions are not sufficient.
* Ego misunderstands that they don't exist because they don't 

   manifest.
* However, every matter always exists even if it doesn't manifest. 

   (Existence without Manifestation)

"I": awareness (non-separate self, true self)
I say, ’"I" can see the true nature of reality (real existence) without getting caught by appearance (manifestation) which is illusion or delusion’. 

Let us realize the fruit of arhatship and have a breakthrough for our shining presence!

(Cf.) http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/existence-and-manifestation.html

Sunday, October 25, 2015

存在と顕現

存在と顕現
(現実と外観

顕現しているものが、必ずしも存在しているわけではありません。
顕現していないものが、必ずしも存在していないわけではありません。
現実は、外観のようには存在していません。

エゴは存在しませんが、顕現します(ないのに、ある。)エゴは感情映画のようです。それらがあたかも存在しているかのように、エゴは幻想錯覚を引き起こします。なぜなら、それらの全てが心の投影だからです。エゴは、それらが顕現しているので、存在していると誤解します。しかしながら、それらの現象がたとえ顕現しているとしても、必ずしも存在しているわけではありません。(あっても、ない。)

人間を含む全ての物質は、たとえ顕現していなくても、存在しています(あるのに、ない。)全ての物質は幸福、マッチの、大海ののようです。それらがあたかも存在していないかのように、エゴは幻想錯覚を引き起こします。なぜなら、それらの全てが心の対象であり、顕現していない時は投影できないからですそれらの全ては条件が十分でないなら、顕現しません。エゴは、それらが顕現していないので、存在していないと誤解します。しかしながら、全ての物質はたとえ顕現していないとしても、いつも存在しています。(なくても、ある。)

ラヴォアジエは、「何も生まれず、何も死なない」と言いました。エネルギー保存の法則は、新しいエネルギーを創造することはできないと言っているのです。あなたはエネルギーを別の形に移し換えることができるだけです。そして、質量保存の法則も、同じことを言っています。新しい物質を創造することはできませんし、あらゆる物質を破壊することもできません。これは、現代科学によって確認されました。

エゴは何と愚かなのでしょう!殆どの一般人は、自分ので見るもの(外観)を信じ、それらに捕捉されます。ですから、彼らは現実、即ち自覚(悟りを開いた意識)が洞察を通して見ることができるもの、を見ることができません。

一般人(エゴ)は、自分ので見ることができるものだけを見ることができます。つまり、彼らは顕現、即ち外観に捕捉されます。ですから、自覚(悟りを開いた意識)による洞察欠如のため、彼らは現実の本質、即ち実際の存在を見ることができないのです。

目覚めた人(自覚)は、自分の目で見ることができないものを、洞察を通して見ることができます。ですから、彼らは顕現、即ち外観に捕捉されません。それ故に、自覚による洞察を通して​​、彼らは現実の本質、即ち実際の存在を見ることができるのです。

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS

バック・トゥ・ザ・フューチャー

Saturday, October 24, 2015

Existence and Manifestation

Existence and Manifestation
(Reality and Appearance)

The manifesting thing is not always existing.
The non-manifesting thing is not always non-existing.
The reality does not exist as it appears.

Ego manifests although it doesn't exist. (Appearance without Reality) Ego is like feelings, movies and rainbows. Ego causes illusions or delusions as if they exist. That's because all of them are projections of mind. Ego misunderstands that they exist because they manifest. However, those phenomena do not always exist even if they manifest. (Manifestation without Existence)

Every matter including humans exists even if it doesn't manifest. (Reality without Appearance) Every matter is like happiness, the flame of a match and a wave in the ocean. Ego causes illusions or delusions as if they don't exist. That's because all of them are the object of mind and can't be projected without manifestations. They don't manifest when the conditions are not sufficient. Ego misunderstands that they don't exist because they don't manifest. However, every matter always exists even if it doesn't manifest. (Existence without Manifestation)

Lavoisier said, "Nothing is born, nothing dies". The law of conservation of energy says that you can not create the new energy. You can only transfer energy to another form. And the law of conservation of matter says the same. You can not create the new matter and you can not destroy any matter. This is confirmed by modern science.

How silly ego is! Most of the ordinary people believe what they see by their eyes (appearance), and get caught by them. So, they can't see the reality, or what awareness can see through insight

Ordinary people (ego) can see only what they can see by their eyes. In other words, they get caught by the manifestation, or the appearance. That's why they can't see the true nature of reality, or the real existence due to the lack of insight by awareness. 

Awakened persons (awareness) can see what they can't see by their eyes through insight. So, they don't get caught by the manifestation, or the appearance. That's why they can see the true nature of reality, or the real existence through the insight by awareness.

(Cf.) http://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

BACK TO THE FUTURE

Friday, October 23, 2015

思考と瞑想

瞑想法

ある政治学の教授が、瞑想する時に何を考えているのかと私に尋ねました。「私は何も考えていません」と彼に答えました。私はそこにあるもの、起こっていることに気を配るだけですと言いました。彼は懐疑的に見えましたが、それは真実です。座禅の間、私は自分の知能をほとんど活用していません私は物事を分析したり、数学の問題やなぞなぞのような複雑な問題を解決しようとはしません。たとえ、私が公案を試問していたとしても、公案はなぞ解きではないことを私は知っていますので、私はただ公案をそこに放置しておき、公案を説明したり、解説しようとはせず、公案を注意深く観察します試験は、気付きの感覚では、分析を意味しません。試験は、ただ継続した認識を意味します思考は精力的な精神作業を要し、私たちを疲れさせます。一方、気付きや「認識」にくつろいでいる間は、そうではありません。瞑想は「灰白質」の大動員を要求すると私たちは考える傾向がありますが、本当はそうではありません。瞑想者は思想家ではありません。従って、瞑想者は精神作業を行いません。逆に、瞑想は心を休ませます

私たちの会話が始まってから、私は一度も友に「灰白質」を使うことを頼んだことはありません。私は、私と一緒に物事を「見て」、「認識する」ことを彼に求めただけでした。そうするためには、私たちは集中しなければなりませんが、分析は不要です。私たちは、推論解釈なしで、気を配らなければなりません。気を配ることは、ただ純粋な注意を払うことを意味します。それは、眠りから目覚めへとあなたを連れて行くことができる乗り物です。もし、あなたが怒っているか、感じているか、考えているか、座禅を組んでいるか等を分からないなら、あなたは眠っています。アルベール・カミュは、彼の小説「異邦人」で、男としての彼の反英雄(ヒーローとなるような特徴に欠ける主役)を「死んだかのように生きる」人間と記述しています。これは、気付きの光が無い暗い部屋で暮らしているようなものです。気付きのランプを点灯する時、あなたは眠りから目覚めへと渡ります。サンスクリット語で動詞「buddh」は、「目を覚ますこと」を意味し、目を覚ました人は仏陀と呼ばれています。仏陀は常に目覚めている人です。時々、私たちはこの気付きを持っていますので、私たちは「時々」の仏陀です。 

 (上記は、ティク・ナット・ハン著「ザ・サン・マイ・ハート」(我が心、太陽)より抜粋、P34「眠りから目覚めへ」) 

(解説)思考は分離、差別、即ち二元性を引き起こします。ですから、思想家は自由を失うのです。もし、私たちが自他を分離するなら、恐れ、怒り、絶望、嫉妬のような 煩悩が生じ、苦しみます。デヴィッド・ボームが言ったように、私たちの見方は私たちの考え方に依るのです。見る対象は私たちの心の投影です。ですから、煩悩に基づく精神投影を通して、私たちは幻想や錯覚を見るのです。つまり、煩悩があると現実の本質を見ることができないということです。ですから、私たちは瞑想 する時、思考を停止しなければなりません。私たちが思考を停止した時、目覚めた意識(気付き)が復活し、現実の本質に触れ、私たちの内面と周囲で何 が起こっているかを認識するのです。

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS
 
ティク・ナット・ハン

Thursday, October 22, 2015

Thinking and Meditation

How to Meditate

A political science professor asked me what I think about when I meditate. I told him, "I don't think about anything." I said that I am only attentive to what is there, what is going on. He appeared skeptical, but it is the truth. While sitting, I make almost no use of my intellect. I don't try to analyze things or solve complex problems, like math problems or riddles. Even if I am examining a kung-an (Japanese: koan), I just allow it to be there and I contemplate it, without seeking to explain or interpret it, because I know that a kung-an is not a puzzle to solve. Examination, in the sense of awareness, does not mean analysis. It only means continuous recognition. Thinking requires strenuous mental work, and makes us tired. This is not the case while resting in awareness or "recognizing." We have a tendency to think that meditation demands a great mobilization of "gray matter," but that is really not the case. A meditator is not a thinker; a meditator does not do mental labor. On the contrary, meditation rests the mind.

Since our conversation began, I haven't once asked my friend to use his "gray matter." I have only invited him to "see," to "recognize" things with me. To do that, we must concentrate, but not analyze. We must be attentive, without speculation or 
interpretation. Being attentive means giving only bare attention. It is a vehicle which can take you from sleep to awakening. If you do not know you are angry, feeling, thinking, sitting, and so forth, you are asleep. In his novel The Stranger, Albert Camus describes his anti-hero as a man who "lives as though dead." This is like living in a dark room with no light of awareness. When you light the lamp of awareness, you pass from sleep to awakening. The verb buddh in Sanskrit means "to wake up," and one who wakes up is called a Buddha. A Buddha is a person who is always awake. From time to time we have this awareness, so we are "from-time-to-time" Buddhas.

(Excerpts from "The Sun My Heart" written by Thich Nhat Hanh, p34 "From Sleep to Awakening")

(Thinking causes separations, discriminations, or the duality. That's why thinkers lose freedom. If we separate ourselves from others, afflictions such as fear, anger, despair, jealousy arise and we suffer. As David Bohm said, the way we see depends on the way we think. The object is the projection of our mind. So, we see illusions or delusions through mental projection based on our afflictions. In other words, we can't see the true nature of reality. That's why we must stop thinking when we meditate. And when we stop thinking, awareness revives and recognizes what is going on inside and around us, touching the true nature of reality. )

(Notes) The descriptions in the parenthesis are my commentaries.

(Cf.) http://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

Thích Nhất Hạnh

Wednesday, October 21, 2015

悟り (2)

私は私以外の要素からできていますので、独立した自己が空です。ですから、私はちょうど他の動物、植物、鉱物のように、全宇宙からできています。ですから、私は全宇宙なのです。私たち(全てのもの)は、全宇宙として全く同一です。

エゴは単なる概念です。しかしながら、私たちは体と心(脳)を有していますので、エゴは煩悩のように存在はしていませんが、顕現しています。この意味で、エゴは体と心(脳)と見なすことができます。そして、エゴは自覚を含む、エゴ以外の要素からできています。自覚があるから、エゴがあります。そして、エゴがあるから、自覚があります。エゴと自覚は本当に表裏一体です。もし、エゴが取り除かれるなら、自覚も取り除かれます。従って、エゴは自覚に他ならないので、エゴは非常に貴重です。

デヴィッド・ボームは、外在的秩序(体=エゴ)は内在的秩序(意識=自覚)へ包み込んでおり、内在的秩序(意識=自覚)は外在的秩序(体=エゴ)へ(包み込んだものを)開いていると述べました。ですから、仏陀の「空」はボームの内在的秩序に等しいです。

私たちは全宇宙として、皆同じですので、私は自他を分離しません。あなたは私の中にいて、私はあなたの中にいます。私はあなたの中に自分自身を見て、あなたは私の中です。ですから、あなたは私であり、私はあなたです。デヴィッド・ボームはこの状態を「完全性」(現実への可干渉的なアプローチ)と呼びました。ですから、あなたの苦しみは私の苦しみであり、あなたの幸せは私の幸せであるのです。他を助けることは、自分自身を助けることと等しいのです。この意味で、私は本当に「他=自分」を助ける必要性を感じています。もし、あなたが他を助けないなら、他(=あなた自身)が苦しみ続けるでしょう。

ティク・ナット・ハンは、「『私は仏、法、僧に帰依します』という文を発声することは、同じではありません 」と言いました。あなたはそれを発声するかもしれませんが、あなたがそれを実践しません。もう、あなたはその文を発声する必要はなく、あなたは自分の吸う息について行き、マインドフルに息を吸って吐くだけで良いのです。すると、仏、法、僧があなたの中に避難所としてただ顕現し、あなたは安全です」と言いました。言行一致が非常に重要です。そして、他人を批判することは自分自身を批判することに等しい、ということに私たちは注意しなければなりません。対象は、主体なのであり、心の投影なのであり、自分自身を映す鏡なのです。

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B00WBP308Q

Tuesday, October 20, 2015

悟り (1)

ティク・ナット・ハンは、「大海の波にとっての悟りは、波が自らを水であると実感した瞬間である」、と説明します。そして、私の理解は次の通りです。

ティク・ナット・ハンは、しばしば、「自分自身に帰宅する」と言いますが、エゴが自分自身に帰宅することはない、と私は感じています。正しい表現は、「自分自身を復活させる」でなければなりません。しかし、エゴと本当の自分は表裏一体であると私は理解しています。エゴと本当の自分は二人ではありませんが、一人でもありません。

自分の感覚を失うまで月を見つめる代わりに、私はマインドフルな呼吸によって、私の六感覚(五感と心)を閉鎖します。概念の「私」(=エゴ)の溶解のためには、本当の自分(自覚)が復活する必要があります。不生不死ですので、意識と形ある物は永遠であると私は理解しています。

全ての素粒子とエネルギーは意識へ包み込んでいます。そして、意識は形ある物へ(包み込んだものを)開いています。それらは刻々と変化しています。私は常に自覚です。自覚と形ある物は相互に依存して共同発生しています。自覚は時間と空間を超越しますので、現象と本体の中に同時にいます。全ては自分が誰であるかに依存すると私は理解しています。エゴか本当の自分(自覚)か?

自己探求が心の不浄や対象を取り除き、心を浄化する具体的な方法であると理解しています。しかし、エゴが自らにわずかであっても沈黙を課す(瞑想する)ことは困難です。(思考することが本性の)エゴがどのようにして思考を止める気になるでしょうか?エゴが瞑想するためには何が必要でしょうか?誰が自覚への注意を強制しているのでしょうか?エゴが活発な時に、(エゴに)沈黙を課すことはいかに可能となるのでしょうか?なぜ、エゴは(自分に)沈黙を課したいのでしょうか?

私の場合、私のエゴが苦しみにうんざりした時、私のエゴは苦しみを止めるために真剣に自らを変えたいと思いました。そして、私のエゴは「私はどのようにしたら自分自身を愛せるようになるのか?私はどのようにしたら自分自身を拒絶することを止められるか?」と尋ねました。[私=エゴ、自分自身=本当の自分(自覚)]それが精神的な対話の始まりでした。

ティク・ナット・ハンの「大海の波にとっての悟りは、波が自らを水であると実感した瞬間である」については、私の理解は以下の通りです。エゴ(波)が苦しみにうんざりした時、エゴ(波)は自らを本当の自分(水)であると実感できます。なぜなら、エゴは苦しみを止めるために、自らを変えたいからです。もし、エゴがマインドフルな呼吸を実践したなら、エゴは思考を停止でき、本当の自分を復活でき、本当の自分があるがままの現実に触れることができます。このように、波が自らを水であると実感できるのです。ですから、この詩の私の改訂版は、「大海の波にとっての悟りは、波(エゴ)が自覚を復活させ、自覚が『波は水(現実の本質)である』と実感した瞬間である」となります。

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS 


Monday, October 19, 2015

Enlightenment (2)

I am empty of separate self because I am made of non-me elements. So, I am made of the whole cosmos just like other animals, plants and minerals. That's why I am the whole cosmos. We (everything) are all the same as the whole cosmos.

Ego is merely a concept. However, ego manifests though it doesn't exist like afflictions because we have body and mind (brain). In this sense, ego can be regarded as body and mind (brain). And ego is made of non-ego elements, including awareness. Ego is, because awareness is. And awareness is, because ego is. They are really two sides of the same coin. If ego is removed, awareness is also removed. Therefore, ego is very precious because ego is no other than awareness. 

David Bohm mentioned that the explicate order (body: ego) is enfolding into the implicate order (consciousness: awareness) and the implicate order (consciousness: awareness) is unfolding into the explicate order (body: ego). So, Buddha's emptiness is equal to Bohm's implicate order.

I don't separate myself from others because we are all the same as the whole cosmos. You are in me and I am in you. I see myself in you and you are in me.  So, you are me and I am you. David Bohm called this state as "Wholeness" (A Coherent Approach to Reality). That's why your suffering is my suffering and your happiness is my happiness. Helping others is equal to helping myself. In this sense, I really feel the need to "help" "others = myself". If you don't help others, others (= yourself) will keep suffering.

Thay said, "To pronounce the sentence, 'I take refuge in the Buddha, the Dharma and the Sangha', is not the same. You may pronounce it but you don't do it. Now you don't have to pronounce the sentence, you just follow your in-breath and breathe in and out mindfully, and then the Buddha, the Dharma and the Sangha just manifest in you as the refuge and you are safe." Consistency of speech and action is vital. And we have to be careful that criticizing others is equal to criticizing oneself. The object is the subject, the projection of mind, the mirror reflecting oneself.

(Cf.) http://www.amazon.com/dp/B00WBTLNEU

Sunday, October 18, 2015

Enlightenment (1)

Thay explains, "Enlightenment for a wave in the ocean, is the moment the wave realizes it is water." And my understanding is as follows:

Thay often says, "go home to yourself", but I feel that ego will not go home to oneself. Correct expression should be "revive yourself". But I understand that ego and true self are two sides of the same coin. They are not two but are not one, either.

Instead of gazing at the moon till I lose my senses, I shut down my six senses (5 senses + mind) by mindful breathing. For dissolution of the concept "I" (ego), true self (awareness) needs to revive. I understand that consciousness and the form are eternal because there is no birth and no death. 

Every particle and energy enfolds into consciousness. And consciousness unfolds into the form. They are changing every moment. I am always awareness. Awareness and the form are interdependent co-arising. Awareness transcends time and space, so is in the phenomenal and the noumenal at the same time. I understand everything depends on who we are. Whether ego or true self (awareness)?

I understand that self-inquiry is the concrete method to remove the contamination, the objects, and clarify the mind. But it's hard for ego to impose a modicum of silence. How can ego feel like stopping thinking? What is necessary for ego to do it? Who is forcing attention on it to awareness? How is it possible when ego is active? Why does ego want to do it?

In my case, when my ego was fed up with sufferings, my ego wanted to change itself seriously in order to stop sufferings. And my ego asked, "How can I stop rejecting myself? How can I love myself?" ["I": ego, "myself": true self (awareness)] That was the start of spiritual dialogue.

As for Thay's "Enlightenment for a wave in the ocean, is the moment the wave realizes it is water", my understanding is as following. When ego is fed up with sufferings, ego (wave) can realize it is true self (water)". That's because ego wants to change itself in order to stop sufferings. If ego practices mindful breathing, it can stop thinking, revive true self and true self can touch the reality as it is. In this way, a wave can realize it is water. So, my revised version of the poem will be "Enlightenment for a wave in the ocean, is the moment the wave (ego) revives awareness and awareness realizes the wave is water (true nature of the reality)."

(Cf.) http://www.amazon.com/dp/B014NYEP04

Saturday, October 17, 2015

物質とエネルギー

次のティク・ナット・ハンのビデオを 1:05:001:12:34 迄ご覧ください。


引用:
彼は仏陀です。私にとっては、彼は阿弥陀仏です。なぜなら、阿弥陀仏は無限の光と無限の寿命の仏陀だからです。現在の形での太陽が永遠であり得ないなら、あらゆる形成物は無常です。太陽は宇宙における形成物です。太陽もまた無常です。毎秒、太陽の物質、質量、太陽の一部質量がエネルギーに変換されています。太陽は物質をエネルギーへ変容する過程にあるため、外部は刻一刻と薄くなってきています。光は光子からできており、光子には質量がありません。純粋なエネルギー。そして、そのエネルギーは物質、即ち太陽の質量からできています。長い時間がかかるでしょうが、いつか、太陽は消滅するでしょう。そして、太陽はエネルギーだけになります。何も失われるものはありません。

いつか、私たちの体は分解します。しかし、思考、言葉、行動の面で私たちの行動(カルマ)のエネルギーは、常に継続します。エネルギー保存の法則があります。何も失われるものはありません。質量保存の法則があります。失われる物質はありません。物質はエネルギーに変換することができ、エネルギーは物質へ逆変換することができます。私たちが一つの電子と一つの陽電子を結合させると、小さな爆発が発生します。そして、それはエネルギーのガンマ線を生成します。ですから、物質はエネルギーへ変換されることができます。私たちがガンマ線を結合するなら、電子と陽電子をまた生成することができます。ですから、エネルギーは物質へ逆変換され得るのです。そして、何も失われません。

化学反応を観察する時、あなたは化学反応の間に何かが消失するという印象を持つかもしれません。しかし、あなたが追跡し続けるなら、十分に観察するなら、原子が失われることはなく、新しい原子が得られることもないことを見つけ出すでしょう。反応前に入る質量と反応後に出る質量は、ぴったり同じです。それが、ラヴォアジエが、「何も生まれず、何も死なない」と言った理由です。生まれることなく、死ぬこともありません。彼は仏教の瞑想を実践していませんでしたが、彼は同じことを発見したのです。生まれることなく、死ぬこともありません。エネルギー保存の法則は、新しいエネルギーを創造することはできないと言っているのです。あなたはエネルギーを別の形に移し換えることができるだけです。そして、質量保存の法則は、同じことを言っています。新しい物質を創造することはできませんし、あらゆる物質を破壊することはできません。生まれることなく、死ぬこともありません。これは、現代科学によって確認されました。唯一のことは、ただ技術においてだけではなく、私たちの日常生活の中でも私たちがそれを応用できるべきであるということです。

神経科学は、脳内に自己が存在しないことを発見しました。私たちの脳内の神経細胞は、演奏される交響曲のように作動します。神経細胞は素晴らしい方法で、お互いに連絡し合います。そして、神経細胞は、思考、感情、知覚等を生成します。それは指揮者なしの交響曲コンサート、指揮者なしのオーケストラです。そして、その中に無我の真理が見い出せます。誰も、他の神経細胞に命令を出すボスではありません。大統領の役割を果たしている神経細胞はありません。

そして、私たちは自分の側から、自分の日常生活にこの種洞察を応用することができるようになるべきです。サンガにはボスが存在しないような方法で、あなたはサンガを組織することができます。そして、プラム・ビレッジでは、私たちはそのように運営するために全力を尽くしています。サンガ全体の幸福を促進するために、サンガの各細胞が何をすべきか、何をすべきでないかを知っています。この瞑想会では、僧侶の各々が瞑想会を手伝う機能を持っています。そして、皆さんは命令を出す指揮者、ボスを周りに見たことがないはずです。私たちは十分な情報を得たなら、サンガの細胞として各々が行動しようとします。そして、私たちは瞑想会の幸福を促進するために、何をすべきか、何をすべきでないかを知っています。私たち各人、僧侶も在家も皆同じです。そして、ある程度は、私たちはそれをすることができてきました。ですから、瞑想会には調和があり、喜びがあり、幸せがあるのです。
:引用おわり

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/notice-of-building-awakening-sangha.html