Sunday, January 31, 2016

マインドフルネス(念)

マインドフルネス(念)は、空の実践である。

空とは、「独立した存在(自己)が空」という意味。

独立した自己とはエゴのことであり、考える主体がエゴ。

従って、空になるには、エゴを手放す必要がある。

エゴを手放すには、考えるのを止める必要がある。

考えるのを止める方法は、マインドフルネス(念)の実践。

具体的には、マインドフルな呼吸や歩行。

考えるのを止めると、エゴが消える。

そして、エゴが覆い隠していた目覚めた意識が復活する。

目覚めた意識は生命の奇跡に触れ、喜びと幸せをもたらす。

と同時に、自分の内面と周囲で起こっていることを認識できる。

次に、深く見る集中を通して、現実の本質に触れることができる。

究極の真理を理解して全ての概念を捨て去り、完全な悟りを開く。

* 「独立した自己」とは、「自分は特別、別格、他より優秀」といった自他を分離する誤った見方をもつ自己、即ちエゴのこと。過去や未来に心が彷徨っており(常に考えており)、今、この瞬間を生きていないので、生命の奇跡に触れることができない。

* 「目覚めた意識」とは、「人間も、動物も、植物も、鉱物も全て同じの物からできており、全宇宙として皆同じ」という自他を分離しない正しい見方を持つ非独立自己、即ち本当の自分のこと。心身が統一して考えることなく(洞察を得ながら)今、ここに生きているので、生命の奇跡に触れることができる。

(参考)http://www.slideshare.net/compassion5151/3-46874436

目覚めた意識

Saturday, January 30, 2016

マインドフルネスの奇跡 (7)

以下は、ティク・ナット・ハン著「マインドフルネスの奇跡」からの抜粋です。

引用:
(瞑想は啓示し、癒します)
マインドフルネスで座禅を組むと、心と体の両方が平和になり、完全にリラックスできます。(中略)マインドフルネスでは、人は休まって幸せになるだけでなく、油断なく気づいてもいます。瞑想は逃避ではありません。瞑想は現実との穏やかな遭遇です。(中略)この種の用心深さを持っていることによってのみ、あなたは完全な目覚めを実感できるのです。

初心者には、純粋な認識の方法をお勧めします。純粋な認識とは判断せずに認識だけすることです。思いやりであろうが苛立ちであろうが、感情は歓迎され、認識され、絶対に平等に取り扱われるべきです。なぜなら、両方共自分自身だからです。(中略)私が赤ちゃんの仏陀やイエスをお風呂に入れる時に払うであろう種類の注意力で、私はこの急須をきれいにします。何もその他の全てのものよりも注意深く取り扱われるべきではありません(全てのものは平等に取り扱われるべきです)。マインドフルネスにおいては、思いやり、苛立ち、急須の全てが神聖なのです。

悲しみ心配憎しみ激情、 その他何でもに取りつかれている時には、純粋な観察や認識の方法は実践するのが難かしいようであるかもしれません。もし、そうであるなら、あなた自身の心の状態を瞑想の対象として使用して、固定した対象の瞑想へと切り替えてください。そのような瞑想は啓示し、癒します。悲しみや心配、憎しみや激情は、集中と瞑想の目にさらされて、それ自身の性質を啓示するのです。それは、自然に癒しと解放へ導く啓示です。悲しみ(何であれ苦痛を引き起こしたもの)は、とげを抜くのにとげを使うように、苦痛や苦しみから解放する手段として使用することができます。私たちは、抵抗することなく、耐え忍び、和解し、相互依存の瞑想によって心の性質に浸透しながら、私たちの心配、苦痛、憎しみ、激情を、優しく丁重に取り扱うべきです。人は状況に合った瞑想の主題を選択する方法をすぐに学習します。相互依存思いやり自己非執着のような瞑想の主題は全て、啓示し、癒す力を持っている瞑想のカテゴリーに属します。

しかしながら、これらの主題の瞑想は、私たちが日常生活の中で、起こっていることの全ての観察と認識において、マインドフルネスの実践によって得た力、一定の集中力を構築した場合にのみ成功できます。 しかし、瞑想の対象はただの哲学的推測ということではなく、あなた自身に本当のルーツがある現実である必要があります。各主題は熱い火で長時間調理されねばならない食品の一種のようなものであるべきです。私たちは主題をに入れ、ふたをし、にかけます。鍋は私たち自身であり、調理するために使用される集中力です。燃料マインドフルネスの継続的な実践から来ています。十分な熱がないと、食品が調理されることはありません。しかし、一度調理されると、食品はその本質を明らかにし、私たちを解放へと導くのを助けます。
:引用終わり

(解説)
洞察を得るためには、即ち現実の本質と苦しみの根本原因を理解するためには、マインドフルネスと集中が不可欠です。マインドフルネスを通して私たちは思考​​を停止し、自分の内面と周囲で何が起こっているかを認識するために、目覚めた意識を復活させます。集中を通して、私たちは現実の本質に触れるために、主題を深く見ます。すると最終的に、私たちは全ての概念、考え、知覚を捨て去ることができ、完全な悟りを開くことができるのです。

Friday, January 29, 2016

仏教とベーダンタ哲学

以下は、エゴ(独立した自己)と目覚めた意識に関する興味深い会話です。ラマナ・マハリシは、エゴ、即ち体(物質)とセルフ(目覚めた意識)間の結び目は断ち切る必要があると言いました。

(仏教の観点からの私のコメント):
エゴ(体)と目覚めた意識(セルフ)は、相互に依存して共同発生しており表裏一体ですので、その結び目を断ち切ることは不可能であると私は理解しています。もし、エゴ(体)が取り除かれるなら、目覚めた意識(セルフ)もまた取り除かれてしまいます。それは、光と闇の関係のようなものです。もし、闇が取り除かれるなら、光もまた取り除かれます。問題は、ほとんどの人が目覚めた意識(セルフ)を復活させることなく、エゴだけであるということです。

(ベーダンタ哲学の観点からのコメント):
光が見つけられない一つのものは、闇です。

(仏教の観点からの私のコメント):
そうでしょうか?光(目覚めた意識)は闇(エゴ)を認識できると私は理解しています。

(ベーダンタ哲学の観点からのコメント):
あなたは目覚めた意識ではなく、「光と闇」について話していました。目覚めた意識は全く区別することができません。目覚めた意識はその普遍性において、ある(存在する)のでもなく、ない(存在しない)のでもありません。目覚めた意識(潜在意識)は、意識(顕在意識)が存在する場合のみ、自らを認識します。さもなければ、目覚めた意識は自らが目覚めた意識であることに気付きません。意識(顕在意識)がなければ、目覚めた意識(潜在意識)もないのです。(目覚めた意識は、絶対(アートマン、神)の別の言い方です。)

(仏教の観点からの私のコメント):
仏教とベーダンタ哲学の間で、目覚めた意識の定義に違いがあるようです。私の理解では、目覚めた意識は時間と空間を超越します。ですから、目覚めた意識は同時に現象界と本体の世界に生きることができます。あなたが話していることは、本体の世界の究極の真理に基づいています。そして、私の上記発言(目覚めた意識はエゴを認識できる)は、現象界における究極の真理、即ち相互依存して共同発生(「空」即ち、非二元性)に基づいています。

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/blog-post_7.html

ラマナ・マハリシ

Thursday, January 28, 2016

Buddhism and Vedantism

The followings are interesting conversations regarding ego and awareness. Ramana Maharishi said that ego, or the knot between the body (matter) and Self (awareness) has to be cut.

(my comment from the perspective of Buddhism): 
I understand that it's impossible to cut the knot because ego (body) and awareness (Self) are interdependent co-arising and are two sides of the same coin. If ego (body) is removed, awareness (Self) is also removed. It is like the relation between light and darkness. If the darkness is removed, the light is allso removed. The issue is that most people are only ego, without reviving awareness (Self).

(a person's comment from the perspective of Vedantism):
The one thing that light cannot find is darkness.

(my comment from the perspective of Buddhism):
Is that so? I understand that light (awareness) can recognize darkness (ego).

(a person's comment from the perspective of Vedantism):
You were talking about "light and darkness" not awareness. Awareness can make no distinctions; It neither is nor is-not in its ubiquity; It cognizes itself only in the presence of Consciousness; otherwise, It is un-aware of its Awareness. No Consciousness, no Awareness. (Awareness is another term for Absolute) Pranams.

(my comment from the perspective of Buddhism):
There seems to be a difference in the definition of awareness between Buddhism and Vedantism. In my understanding, awareness transcends time and space. So, awareness can live in the phenomenal world and the noumenal world at the same time. What you are talking about is based on the ultimate truth in the noumenal world. And my above statement (awareness can recognize ego) is based on the ultimate truth in the phenomenal world, namely interdependent co-arising (emptiness or non-duality).

(Cf.) http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/two-worlds-and-two-truths.html

Ramana Maharishi

Wednesday, January 27, 2016

Miracle of Mindfulness (8)

The followings are excerpts from Thay's book titled "The Miracle of Mindfulness".

Quote:
The Buddha once said that the problem of life and death is itself the problem of mindfulness. Whether or not one is alive depends on whether one is mindful.

In peace-serving communities, we must follow the same principle. Don't worry if those around you aren't doing their best. Just worry about how to make yourself worthy. Doing your best is the surest way to remind those around you to do their best. But to be worthy requires the continuing practice of mindfulness. That is a certainty. Only by practicing mindfulness will we not lose ourselves but acquire a bright joy and peace. Only by practicing mindfulness will we be able to look at everyone else with the open mind and eyes of love.

I thought about the garden tended by a monk living in mindfulness. His flowers are always fresh and green, nourished by the peace and joy which flow from his mindfulness. One of the ancients said,

When a great Master is born, the water in the rivers turns clearer and the plants grow greener.

We ought to listen to music or sit and practice breathing at the beginning of every meeting or discussion. 
:Unquote

(My commentary)
Only if we are mindful, we are really alive. That's why Thay advises us to be mindful through music or sitting (mindful breathing) at the beginning of the session. When we are mindful, we can touch the wonders of life and recognize what is going on inside and around us. And we can attain insight by deep looking (concentration).

(Cf.) https://www.youtube.com/watch?v=N43TIniwX9E


Thích Nhất Hạnh

Tuesday, January 26, 2016

Miracle of Mindfulness (7)

The followings are excerpts from Thay's book titled "The Miracle of Mindfulness".

Quote:
(Meditation reveals and heals)
Sitting in mindfulness, both our bodies and minds can be at peace and totally relaxed. ... In mindfulness one is not only restful and happy, but alert and awake. Meditation is not evasion; it is a serene encounter with reality. ... Only with this kind of vigilance can you realize total awakening.

For beginners, I recommend the method of pure recognition: recognition without judgment. Feelings, whether of compassion or irritation, should be welcomed, recognized, and treated on an absolutely equal basis; because both are ourselves. ... I clean this teapot with the kind of attention I would have were I giving the baby Buddha or Jesus a bath. Nothing should be treated more carefully than anything else. In mindfulness, compassion, irritation, and teapot are all sacred.

When possessed by a sadness, an anxiety, a hatred, or a passion or whatever, the method of pure observation and recognition may seem difficult to practice. If so, turn to meditation on a fixed object, using your own state of mind as meditation's subject. Such meditation reveals and heals. The sadness or anxiety, hatred or passion, under the gaze of concentration and meditation reveals its own nature - a revelation that leads naturally to healing and emancipation. The sadness (or whatever has caused the pain) can be used as a means of liberation from torment and suffering, like using a thorn to remove a thorn. We should treat our anxiety, our pain, our hatred and passion gently, respectfully, not resisting it, but living with it, making peace with it, penetrating into its nature by meditation on interdependence. One quickly learns how to select subjects of meditation that fit the situation. Subjects of meditation - like interdependence, compassion, self, emptiness, non-attachment - all these belong to the categories of meditation which have the power to reveal and to heal.

Meditation on these subjects, however, can only be successful if we have built up a certain power of concentration, a power achieved by the practice of mindfulness in everyday life, in the observation and recognition of all that is going on. But the objects of meditation must be realities that have real roots in yourselves - not just subjects of philosophical speculation. Each should be like a kind of food that must be cooked for a long time over a hot fire. We put it in a pot, cover it, and light the fire. The pot is ourselves and the heat used to cook is the power of concentration. The fuel comes from the continuous practice of mindfulness. Without enough heat the food will never be cooked. But once cooked, the food reveals its true nature and helps lead us to liberation.
:Unquote

(My commentary)
In order to attain insight, or to understand the true nature of reality and the root cause of sufferings, mindfulness and concentration are essential. Through mindfulness, we stop thinking and revive awareness to recognize what is going on inside and around us. Through concentration, we look deeply into the subjects in order to touch the true nature of the reality. And finally, we can throw away all notions, ideas and perceptions, and attain full enlightenment.

(Cf.) http://www.slideshare.net/compassion5151/meditation-selfinquiry

Thích Nhất Hạnh

Monday, January 25, 2016

生命とは何?

以下のジェレミー・イングランドのビデオをご覧ください。


次のビデオからの抜粋は、仏教の言葉に非常に類似していますので、非常に興味深いです。

引用:  * (): 仏教の言葉
(5:46-5:52)
ですから、物理学はの素粒子と、鯨の周りのの素粒子との間で全く区別をしません。
(金剛経は、私たちが自分自身を解放するために、自己、人間、生きもの、寿命の四つの概念を取り除くことを推薦しています。)

(16:47)
全ての生きものは、物質からできています。
(私たちは、私たち以外の要素、即ち、水、空気、鉱物、太陽光のような全宇宙からできています。)

全ての生きものは、食べる必要があります。
(何も食べずに生き残ることはできません。)

全ての生きものは、を放ちます。
(現実の性質、即ち物質とエネルギーの性質は、不生不死の性質です。)

全ての生きものは、逆に成長する(若返る)ことはできません。
(物事は変化しています。無常)
:引用終わり

(解説)
☆人間、動物、植物、鉱物であるかどうかにかかわらず、私たちは全宇宙、即ち全体性として皆同じです。
☆ジェレミー・イングランドは現象界(物質)における真理を研究してきました。もし、彼が量子物理学の内在的秩序と外在的秩序の理論を通した本体の世界(意識)の真理を、彼の理論と組み合わせたなら、意識の不生不死の性質を科学的に証明することができるかもしれません。 (物質の不生不死の性質は、既に質量・エネルギー保存の法則により科学的に証明済みです。)彼がする必要があることは、本体の世界の真理に触れるために、彼の理論を一層深く見ることのみです。

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html


 ジェレミー・イングランド

Sunday, January 24, 2016

What is life?

Watch the following Jeremy England's video.


The following excerpts from the video are very interesting because they are very similar to Buddhist words.

Quote:  * (): Buddhist words
(5:46-5:52)
So, physics doesn't make any distinctions between the particles that are in the whale and the particles in the water around it.
(The Diamond Sutra recommends that we remove the four notions of self, man/human, living beings, and lifespan to free ourselves.)

(16:47)
All living things are made of matter
(We are made of non-we elements, namely the whole cosmos such as water, air, minerals and sunshine.)

All living things need to eat
(Nothing can survive without food.)

All living things give off heat
(The nature of reality, namely of matter and energy, is the nature of no birth and no death.)

All living things can't grow backwards
(Things are changing. Impermanence)
:Unquote

(My commentary)
☆ Irrespective of whether we are humans, animals, plants or minerals, we are all the same as the whole cosmos, or the wholeness.
☆ Jeremy England has been studying the truth in the phenomenal world (matter). If he combines the truth in the noumenal world (consciousness) through the theory of the implicate order and the explicate order in quantum physics with his theory, he may be able to prove the no-birth and no-death nature of consciousness scientifically. (the no-birth and no-death nature of matter has been already proved scientifically by the law of conservation of energy and mass.)  All he needs to do is to look more deeply into his theory in order to touch the truth in the noumenal world.

(Cf.) http://compassion5151.blogspot.jp/2015/09/wholeness-coherent-approach-to-reality.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/heart-sutra-and-quantum-physics.html

Jeremy England

Saturday, January 23, 2016

エントロピー

以下は、「生命の新物理学理論」からの抜粋です。
(原文:https://www.quantamagazine.org/20140122-a-new-physics-theory-of-life/
(ジェレミー・イングランドはMIT(マサチューセッツ工科大学)の31歳の物理学者。彼は生命の起源と進化を推進する基礎をなす物理学を発見したと理解しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Jeremy_England

引用:
ジェレミー・イングランドは、一定の条件下で、物質は自発的に自己組織化すると主張しています。この性質は生物の内部秩序について、及び多くの無生物の構造の内部秩序についても同様に説明することができるでしょう。「雪片、砂丘、乱流渦の全てが、ある散逸過程によって引き起こされる多粒子系に現れる著しくパターン化された構造である点で共通しています」と彼は言いました。結露、風、粘性抵抗はこれらの特定ケースにおける関連性のある過程です。

ジェレミー・イングランドは現在、素粒子のシステムはエネルギーを放散するのがより上手くなるように、その構造を改造するという彼の理論(学説)をテストするために、コンピューターによるシミュレーションを行っています。次のステップは、生体系への実験を行うことになるでしょう。 :引用終わり

(解説)
ジェレミー・イングランドは、「一定の条件の下で、物質は自発的に自己組織化する」と述べました。これは、物質、即ち各素粒子が心を持つ、つまり選択する能力を持つことを意味するのでしょうか?フリーマン・ジョン・ダイソンは、「原子と人間と神は心を持っているかもしれないと私は考えています(程度は異なっても種類は同一の心)。(中略)実験室での原子は不活性物質というよりはむしろ、活性物質のように振る舞う奇妙なものです。原子は量子力学の法則に従って、代替可能性の間で予測できない選択をします。選択する能力によって顕現している心は、ある程度全ての原子に固有のものであるように見えます。」と述べました。私はイングランドとダイソンは同じことを言っていると感じます。(次のURLご参照。http://compassion5151.blogspot.jp/2015/09/blog-post_21.html

(参考)WHAT IS LIFE? by ERWIN SCHRODINGER in 1943
http://whatislife.stanford.edu/LoCo_files/What-is-Life.pdf

ジェレミー・イングランド

Friday, January 22, 2016

マインドフルネスの奇跡 (6)

以下は、ティク・ナット・ハン著「マインドフルネスの奇跡」からの抜粋です。

引用:
(目覚め=悟りのための瞑想)
瞑想実践者は、通常、悟りを得るために自分自身の性質を見抜くことを望みます。しかし、もしあなたが始めたばかりでしたら、「自分自身の性質を見抜く」のを待たないでください。いっそのこと、何も待たないでください。特にあなたが座禅を組んでいる間に、仏陀や「究極の現実」についてのあらゆる説明に出会うのを待たないでください。

最初の6カ月は、あなたの集中力を築き上げること、内面の穏やかさ安らかな喜びを創造することだけを試みてください。あなたは不安を振り払い、完全な休息を楽しみ、あなたの心を静めるでしょう。あなたはリフレッシュされより広くより明瞭なものの見方を得て、自分の中のを深めて強化するでしょう。そして、あなたはあなたの周囲の全てに、より親切に対応することができるようになるでしょう。

座禅瞑想はあなたの精神を滋養し、同様にあなたの体も滋養します。座禅を通して、私たちの体は調和を得てより軽く、より平和に感じます。あなたの心の観察からあなた自身の性質を見抜く道はあまりにも過酷なものではないでしょう。一度、あなたが自分の心を静めることができ、あなたの気持ちや考えがもはやあなたをかき乱さないなら、その時点からあなたの目覚めた意識)は心(顕在意識)に住み始めるでしょう。あなたの目覚めた意識)はもはや主体と対象を区別しない(心の投影なく)直接的且つ素晴らしい方法で心(心行)をつかむでしょう。一杯のお茶を飲む時、飲む人(主体)と飲まれるお茶(対象)のうわべの区別はなくなります。一杯のお茶を飲むことが、主体と対象の間の区別がもはや存在しない直接的且つ素晴らしい経験になるのです。

ちょうど水の中で波打つ波もまた水であるように、分散した心もまた心です。目覚めた意識)が心(心行)をつかんだ時、妄心は真心になります。真心とは本当の自分のことであり、概念言語によって創造された幻想部門の独立した自己エゴ)によって切り刻まれ得ない、純粋な一如(一体)である仏陀のことです。しかし、私はこのことについて多くのことを言いたくありません。
:引用終わり

(解説)
一度、私たちがマインドフルな呼吸を通して思考を停止すると、その時点で自覚(目覚めた意識)が復活します。目覚めた意識は、心の投影、即ち錯覚なしに、あるがままの現実に直接触れることができます。ですから、もはや(心の)主体と(心の)対象との間に区別はありません。目覚めた意識が心をつかんだ時、エゴ(独立した自己)から本当の自分(非独立自己)へ変容されます。本当の自分とは仏陀のことです。仏陀は全体(完全)性であり、概念や考えを通して幻想部門のエゴによって切り刻まれ得ません。

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/09/1_24.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/09/2_25.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/09/3_26.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/09/4.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/09/5.html


ティク・ナット・ハン

Thursday, January 21, 2016

マインドフルネスの奇跡 (5)

以下は、ティク・ナット・ハン著「マインドフルネスの奇跡」からの抜粋です。

引用:
(初心者の瞑想)
初心者の場合、20~30分以上座禅を組むことはお勧めしません。その時間内で、あなたは容易に完全な休息を得ることができます。この完全な休息を得るためのテクニックは二つあり、監視と手放すことです。つまり、呼吸を監視して、その他全てを手放すということです。あなたの体の全ての筋肉(の緊張)を解放してください。約15分かそこらで、内面の平和と喜びで満たされた深い静けさに到達できます。この静けさと平和を維持してください。

一部の人は瞑想を労苦とみなして、後で休息するために時間が速く経って欲しいと思っています。このような人はまだ、座禅の組み方を知りません。あなたが正しく座禅を組むなら、まさしく座禅の姿勢で全身のくつろぎと平和を得ることができます。しばしば、川に投げ込まれた小石のイメージを瞑想するのが役立ちます。

小石のイメージがどのように役立つのでしょうか?半蓮華座であれ蓮華座であれ、あなたに最も合った任意の姿勢で、背筋をまっすぐ伸ばして、顔にかすかな微笑を浮かべて、座禅を組んでください。一息一息についていきながら息と一つになってゆっくりと深く呼吸してください。そして、全てを手放してください。自分を川に投げ込まれた小石として想像してみてください。小石は楽に水の中へ沈んでいきます。小石は全てのものにとらわれずに、可能な最短距離で落ちていき、最終的に完璧な休息地点である川底に到達します。あなたは全てのものを手放しながら、自らを川の中へ落ちていかせた小石のようです。あなたの存在の中心には、あなたの呼吸があります。あなたは、小石が水の底にある細かい砂のベッドの上の完全な休息地点に到達するまでにかかる時間の長さを知る必要はありません。あなたは自分自身が河床に到達した小石のように休息していると感じる時、それがあなた自身の休息を見い出し始める時です。あなたはもはや、何かに押されることも引っ張られることもありません。

もし、あなたが座禅の正にこの瞬間に喜びと平和を見い出すことができないなら、川が流れていくように将来自体が流れていくだけで、あなたは将来を押さえておくことができなくなり、将来が現在になった時、あなたは将来を生きることができなくなるでしょう。喜びと平和とは、座禅の正にこの時間に可能な喜びと平和なのです。もし、あなたがここで喜びと平和を見い出せないなら、あなたはどこでも喜びと平和を見い出すことはないでしょう。影がその対象についていくように、あなたの考えを追いかけないでください。あなたの考えを追い回さないでください。正にこの瞬間に喜びと平和を見い出してください。
:引用終わり

(解説)
停止、沈静化、休息、癒しは、瞑想の主たる機能です。もし、私たちが呼吸に集中したなら、思考を停止し、心と体を穏やかにし、自分自身を休息させ、癒すことができます。私たちに必要なのは、呼吸に集中することだけです。

(参考)https://www.youtube.com/watch?v=AW66B_aGuiA

ティク・ナット・ハン

Wednesday, January 20, 2016

マインドフルネスの奇跡 (4)

以下は、ティク・ナット・ハン著「マインドフルネスの奇跡」からの抜粋です。

引用:
(全ての行為は儀式)
呼吸はもろい一本の糸のようなものです。しかし、一度私たちが呼吸の使用法を知れば、呼吸は、知っていなければ絶望的と思われるような状況を克服するのに役立つ非常に良い道具になれます。呼吸は私たちの体から心への橋であり、私たちの心と体を調和させ心と体の一体感を可能にする要素です。呼吸は心と体の両方を整え、呼吸自体が心と体の両方を照らして平和と穏やかさをもたらしながら、心と体を寄せ集めることができる道具です。

多くの人や本が正しい呼吸法から生じる莫大な利益について議論しています。彼らは呼吸法を知っている人は無限の活力を築き上げる方法を知っている人であると報じています。呼吸はを築き上げ、血液を強化し、体内の全ての臓器を生き返らせるからです。彼らは適切な呼吸は食べ物よりも重要であると言います。そして、これら陳述の全てが正しいものです。

数年前、私は非常に病んでいました。数年間の服薬と医学的治療を受けた後、私の状態は改善されないままでした。ですから、私は呼吸法に切り替えたところ、そのおかげで、自分を癒すことができました。

呼吸は道具です。呼吸自体がマインドフルネスです。道具としての呼吸の使用は、人が莫大な利益を得るのに役立つかもしれませんが、これら莫大な利益はそれ自体目的として考慮され得ません。これらの利益は、マインドフルネス実現の副産物でしかないのです。

あなたが形式にとらわれた瞑想や経典精読や祈りの暗唱に充てる一時間の間だけではなく、1日24時間マインドフルになってください全ての行為がマインドフルネスで実行されなければなりません。それぞれの行為が儀式であり、儀礼です。口へと椀のお茶をもち上げるのは儀式です。「儀式」という言葉があまりにも厳粛な感じでしょうか?私は目覚めた意識の死活問題の実感へとあなたを揺さぶるために、その言葉を用いています。
:引用終わり

(解説)
人生は私たちがマインドフルな場合にのみ手に入ります。ですから、私たちは常にマインドフルネスで生きる必要があるのです。もし、私たちがパートタイムの仏陀なら、日常生活の全ての瞬間においてマインドフルな呼吸を実践する必要があります。一方、私たちがフルタイムの仏陀なら、24時間マインドフルな目覚めた意識に常になっています。

ティク・ナット・ハン

Tuesday, January 19, 2016

マインドフルネスの奇跡 (3)

以下は、ティク・ナット・ハン著「マインドフルネスの奇跡」からの抜粋です。

引用:
(呼吸を数える)
呼吸を穏やか且つ平らにすることは、自分の呼吸についていく方法と呼ばれています。もし、最初は呼吸についていくのが難しいようなら、呼吸を数える方法に置き換えることができます。あなたが息を吸い込む時、心の中で1と数え、息を吐き出す時、1と数えてください。息を吸い込みながら、2と数え、息を吐き出しながら、2と数えてください。10まで通しで続け、そしたらまた1に戻ってください。この呼吸のカウントは、あなたのマインドフルネスをあなたの呼吸に縫い付ける糸のようなものです。この自習は、あなたの呼吸を継続して意識するようになる過程の開始点です。しかしながら、マインドフルネスなしでは、あなたはすぐにカウントを見失ってしまうでしょう。カウントを失った時は、単純に1に戻り、正しくカウントを維持できるようになるまで努力を続けてください。一度、あなたが真にカウントに注意を集中できたなら、あなたは数える方法を放棄し、単に呼吸そのものに集中し始めることができるポイントに到達したということです。

あなたが動転したり心が分散して、マインドフルネスの実践が困難であると気付いた瞬間に、あなたの呼吸に戻ってください。あなたの呼吸をつかむことそのものがマインドフルネスです。あなたの呼吸はあなたの意識をつかむ非常に良い方法です。ある宗教共同体がその規則で言うように、「人は、心の分散や環境の中に自分自身を見失うべきではありません。心と体のコントロールを取り戻すために、マインドフルネスを実践するために、集中智慧を開発するために、呼吸を実践することを学んでください。
:引用終わり

(解説)
私たちの呼吸を数えるのは、失念や心の分散を回避することによるマインドフルネスのためです。呼吸は意識であり、自覚(目覚めた意識)になります。ですから、自分の呼吸を継続して意識するなら、自覚(目覚めた意識)が復活し、マインドフルネス、集中、洞察(智慧)をもたらします。

(参考)
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/blog-post_28.html


Thích Nhất Hạnh

Monday, January 18, 2016

マインドフルネスの奇跡 (2)

以下は、ティク・ナット・ハン著「マインドフルネスの奇跡」からの抜粋です。

引用:
(静かな呼吸)
あなたの呼吸は、軽くて、平らで、砂を流れる水の細い流れのように流れるべきです。あなたの呼吸は、あなたの隣に座っている人が聞くことができないほど静かなくらい、非常に静かであるべきです。あなたの呼吸は、険しい連山や馬の駈け足のようにではなく、川のように、水辺を渡る水蛇のように、優雅に流れるべきです。呼吸をマスターするとは、心と体をコントロールすることです。自分自身の心が分散していることに気付き、異なる手段によって自分自身をコントロールするのが困難であると思われる度に、呼吸を監視する方法を常に使用すべきです。瞑想するために座る瞬間、呼吸を監視し始めてください。まず、普通に呼吸し、徐々に呼吸が静か平らになるまで、呼吸を遅くしていってください。すると、呼吸の長さがかなり長くなります。座った瞬間から、あなたの呼吸が深く静かになる瞬間まで、自分の中で起こっている全てのことを意識してください。仏教の念息経が言うように、『長い息を吸い込みながら、あなたは「私は長い息を吸い込んでいる」のを知っています。長い息を吐き出しながら、実践者は「私は長い息を吐き出している」のを知っています。短い息を吸い込みながら、あなたは「私は短い息を吸い込んでいる」のを知っています。短い息を吐き出しながら、あなたは「私は短い息を吐き出している」のを知っています。「息と体全体を感じながら、私は息を吸い込みます」』このように、あなた自身を訓練します。 「息と体全体を感じながら、私は息を吐き出します。」 このように、あなた自身を訓練します。『息と体の活動を静めながら、私は息を吸い込みます。』このように、あなた自身を訓練します。『息と体の活動を静めながら、私は息を吐き出します。』このように、あなた自身を訓練します。

約10〜20分後あなたの思考は、波紋すら起きることのない池のように静まるでしょう。
:引用終わり

(解説)
エゴが瞑想するために座禅を組みます。そして、呼吸が深く、静かになった瞬間に、目覚めた意識が呼吸を監視し始めます。もし、あなたがマインドフルな呼吸を実践するのが上手なら、目覚めた意識を復活させ、マインドフルになるのに、吸う一息で十分です。上記の呼吸と体に対するマインドフルな呼吸は、念息経(十六念息)の最初の四つに基づいています。http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/blog-post_28.html

(参考)http://www.cultureunplugged.com/documentary/watch-online/play/13241/Steps-of-Mindfulness---a-Journey-with-Thich-Nhat-Hanh

ティク・ナット・ハン

Sunday, January 17, 2016

マインドフルネスの奇跡 (1)

以下は、ティク・ナット・ハン著「マインドフルネスの奇跡」からの抜粋です。

引用:
(座禅)
どのようにマインドフルネスを実践すれば良いのですか?」と、あなたは尋ねるかもしれません。
私の答は次のとおりです。
(1)行為に注意の焦点を当て続ける
(2)油断なく注意を払い、生じる可能性があるいかなる状況にも巧み且つ知的に対処する準備ができている
これが、マインドフルネス(念)です。


(自分の息をつかむ)
このように、マインドフルネスは同時に、手段目的種子果実です。集中を高めるためにマインドフルネスを実践する時、マインドフルネスは種子です。しかし、マインドフルネス自体が目覚めた意識の命です。つまり、マインドフルネスの存在は、生命の存在を意味します。従って、マインドフルネスはまた果実でもあるのです。マインドフルネスは失念心の分散から私たちを解放し、命の一瞬一瞬を完全に生きることを可能にしてくれます。マインドフルネスは私たちが生きることを可能にしてくれるのです。

呼吸は、心の分散を防ぐことができる自然且つ極めて効果的な道具ですので、マインドフルネスを維持するための呼吸法を知っておくべきです。呼吸は命を意識につなぐ橋であり、あなたの体を心に結合する橋です。あなたの心が散っている時はいつでも、再び心をつかむための手段として呼吸を使ってください。
:引用終わり

(解説)
呼吸や歩行は、目的語を必要としない自動詞(行動)であるため、マインドフルネスには非常に効果的であると、私は理解しています。ですから、その種の行動(呼吸、歩行、座禅など)を実行するために、私たちは考える必要がありません。考えなければ、私たちの脳は働かずに休むことができます。ですから、目覚めた意識(本当の自分)が復活でき、私たち(目覚めた意識)はマインドフルになるのです。しかしながら、エゴ(独立した自己)が考え始めた途端に戻ってきますので、このマインドフルな状態は永遠には続きません。ですから、この一時的にマインドフルな状態は、パートタイムの仏陀と呼ばれています。もし、私たちが一日24時間マインドフルネスを維持し、フルタイムの仏陀になりたいなら、全ての概念の絶滅が必要です。そのためには、私たちは現実の本質、即ち究極の真理に触れることによって、完全な悟りを開く必要があります。

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS

Thích Nhất Hạnh

Friday, January 15, 2016

Miracle of Mindfulness (6)

The followings are excerpts from Thay's book titled "The Miracle of Mindfulness".

Quote:
(Meditation for awakening)
The person who practices meditation usually hopes to see into his or her own nature in order to obtain awakening. But if you are
just beginning, don't wait to "see into your own nature." Better yet, don't wait for anything. Especially don't wait to see the Buddha or any version of "ultimate reality" while you're sitting.

In the first six months, try only to build up your power of concentration, to create an inner calmness and serene joy. You will shake off anxiety, enjoy total rest, and quiet your mind. You will be refreshed and gain a broader, clearer view of things, and deepen and strengthen the love in yourself. And you will be able to respond more helpfully to all around you.

Sitting in meditation is nourishment for your spirit and nourishment for your body, as well. Through sitting, our bodies obtain harmony, feel lighter, and are more at peace. The path from the observation of your mind to seeing into your own nature won't be too rough. Once you are able to quiet your mind, once your feelings and thoughts no longer disturb you, at that point your mind will begin to dwell in mind. Your mind will take hold of mind in a direct and wondrous way which no longer differentiates between subject and object. Drinking a cup of tea, the seeming distinction between the one who drinks and the tea being drunk evaporates. Drinking a cup of tea becomes a direct and wondrous experience in which the distinction between subject and object no longer exists.

Dispersed mind is also mind, just as waves rippling in water are also water. When mind has taken hold of mind, deluded mind becomes true mind. True mind is our real self, is the Buddha: the pure one-ness which cannot be cut up by the illusory divisions of separate selves, created by concepts and language. But I don't want to say a lot about this.
:Unquote

(My commentary)
Once we stop thinking through mindful breathing, at that point awareness (awakened consciousness) will revive. Awareness can directly touch the reality as it is without projection of mind, or delusions. So, there won't be differentiation between subject (of mind) and object (of mind) anymore. When awareness has taken hold of mind, oneself is transformed from ego (separate self) to true self (non-separate self). True self is the Buddha: the wholeness cannot be cut into pieces by the illusory divisions of ego through notions and ideas.

Thích Nhất Hạnh

Thursday, January 14, 2016

Miracle of Mindfulness (5)

The followings are excerpts from Thay's book titled "The Miracle of Mindfulness".

Quote:
(Meditation for beginners)
For beginners, it is better to sit no longer than 20 or 30 minutes. During that time, you can readily obtain total rest. The technique for obtaining this rest lies in two things - watching and letting go: watching your breath, and letting go of everything else. Release every muscle in your body. After about 15 minutes or so, it is
possible to reach a deep quiet filled with inner peace and joy. Maintain this quiet and peace

Some people look on meditation as a toil and want the time to pass quickly in order to rest afterwards. Such persons do not know how to sit yet. If you sit correctly, it is possible to find total relaxation and peace right in the position of sitting. Often it helps to meditate on the image of a pebble thrown into a river.

How is one helped by the image of the pebble? Sit down in whatever position suits you best, the half lotus or lotus, back straight, the half smile on your face. Breathe slowly and deeply, following each breath, becoming one with the breath. Then let go of everything. Imagine yourself as a pebble which has been thrown into a river. The pebble sinks through the water effortlessly. Detached from everything, it falls by the shortest distance possible, finally reaching the bottom, the point of perfect rest. You are like a pebble which has let itself fall into the
river, letting go of everything. At the center of your being is your breath. You don't need to know the length of time it takes before reaching the point of complete rest on the bed of fine sand
beneath the water. When you feel yourself resting like a pebble which has reached the riverbed, that is the point when you begin to find your own rest. You are no longer pushed or pulled by anything.

If you cannot find joy in peace in these very moments of sitting, then the future itself will only flow by as a river flows by, you will not be able to hold it back, you will be incapable of living the future when it has become the present. Joy and peace are the joy and peace possible in this very hour of sitting. If you cannot
find it here, you won't find it anywhere. Don't chase after your thoughts as a shadow follows its object. Don't run after your thoughts. Find joy and peace in this very moment.
:Unquote

(My commentary)
Stopping, calming, resting and healing are major functions of meditations. If we concentrate on our breathing, we can stop thinking, calm our body and mind, rest and heal ourselves. All we need to do is concentrating on our breathing.

(Cf.) https://www.youtube.com/watch?v=AW66B_aGuiA

Thích Nhất Hạnh