Saturday, November 28, 2015

無常

次のティク・ナット・ハンのビデオを、46:1057:00迄ご覧ください。


引用:
種子は、種子以外の要素のみからできています。苦しみも同様です。幸せも同様です。仏陀も同様です。雲も同様です。全ての物が同様なのです。全ての物は複合物です。そして、複合物を名付けるために、「形成物」という言葉があります。中国語では「行」。全ての複合物、全ての形成物は無常です。「諸行無常(全ての形成物は無常である)」という、仏教文献における有名な声明があります。物は無常ですので、絶対的な独自性を保持しません。物は常時変化しています。誰も同じ川で二度泳ぐことはできません。たとえ、私たちが同一人物であっても、川は同じ川ではありません。そして、多くの賢人がそのことを理解しました。仏陀だけではなく、全ての賢人がこの無常の現実を理解してきました。

十六念息の最後の4つの実習は、私たちが解放するのを助けてくれる4種類の集中についてであることを、あなたは知っています。(実習の)13番目は、無常を瞑想することであり、これは一つの集中です。そして、仏教における全ての伝統(宗派)において、無常は集中(サマディー)の実践です。私たちは皆、無常についての考えを持っています。私たちは物事は無常であることを知っています。私たちは無常の真理を受け容れています。しかしながら、私たちには、無常の集中がありません。無常とは何かを完全に知っている人は誰でも、無常の真理を受け容れます。しかし、私たちはあたかも物事が無常ではないかのように、まだ振る舞います。

あなたが無常の集中を有するなら、あなたのパートナーを見る時、あなたはパートナーも自分も無常であることを知っています。そして、あなたができることは、今日、相手を幸せにすることであり、あなたはそれをします。なぜなら、明日は遅すぎるかもしれませんので。しかし、私たちの多くは、あたかも相手が千年はそこに居続けるかのごとく、振る舞います。そして、もし何かが起こり、相手がもはやそこに居なくなると、私たちは泣くのです。それは、私たちが無常の洞察を持っていないからです。私たちは無常の概念を持っているだけです。ですから、優れた実践者は、法話から得た概念に満足していません。その洞察を生きたものとして維持するために、マインドフルネスと集中を実践します。その洞察がその人の中で生きているなら、その人は完璧に振る舞います。そしてその人は、将来後悔することはないでしょう。

もし、あなたの最愛の人が無常であり、あなたもまた無常であるということを、あなたが分かっているなら、相手に怒り、相手を苦しめはしないでしょう。仮に、誰かがその人の最愛の人に怒っているとしましょう。その人に推薦する実践は、目を閉じて、今から300年後の最愛の人を視覚化するということです。すると、無常の現実に触れ、相手に怒るのは全く知能的ではないことを理解するのに、たったの数秒で済みます。すると、あなたは一緒にいる時間を大切にします。あなたが目を開くと、あなたの宝物は目の前に居て、あなたは何かきついことを言って、相手に罰を与えようとする代わりに、あなたの腕の中に相手を抱きしめたいと思います。

ですから、無常の洞察が私たちには必要です。無常の概念ではありません。もし、私たちが無常の洞察を持っているなら、「空」の洞察も持っており、「無相」の洞察もまた得ることができます(三解脱門の二つ)。無常でないものは何もありませんので、あなたは(無常でない)自己という考えに捕捉されません。全ての物は変化しています。そして、全ての物は他の全ての物を含んでいます。花は全宇宙を含んでいます。そして、あなたの最愛の人もまた、全宇宙を含んでいます。太陽、月、地球、全ての物。

ですから、金剛経が私たちに取り除くことを推薦している第一の形、即ち概念は、自己という概念です。そうすると、あなたは多くの自由を得ます。その自由は、あなたが通りに出て行き、デモをして得られるものではありません。その自由は、深く見る瞑想の結果(果実)です。自己の概念を取り除くと、あなたは自由に踏み込みます。あなたは比較する(対象としての)自己を見ることはありませんので、あなたは優越コンプレックス、劣等コンプレックス、平等コンプレックスから自由になります。あなたは一方がより高く、一方がより低いと見るために、二つの自己の間で比較するから、コンプレックスがあるのです。そして、あなたはまだ比較しているからこそ、平等として認識されることにこだわっているのです。しかし、あなたは相手の中にあり、相手はあなたの中にあり、二人は相互に浸透し合っていることが分かれば、あなたは比較する必要がなくなります。すると、あなたは三種のコンプレックスから自由になります。

ですから、心理療法では、低い自尊心は病気です。そして治癒方法は、自己を少し高く持ち上げるために、自己を促進しようとすることです。それは(問題解決の)根本的な方法ではありません。しかし、高い自尊心もまた病気のようなものであることを、私たちは理解する必要があります。低い自尊心は多くの苦しみをもたらしますが、高い自尊心もまた多くの苦しみをもたらします。(低い自尊心と高い自尊心によって)あなたは多くの人々を苦しませることができますし、あなたも苦しみます。そして、平等コンプレックスもまた健康的ではありません。全ての物は他の全ての物を含む、全ての人は独立した自己が空(から)であるという、偉大な洞察だけ(健康的です)。すると、もはや比較がなくなります。そして、あなたは苦しみから抜け出します。あなたは全宇宙があなたの中にあることを知っていますので、認識を得る必要はありません。仏陀があなたの中にいるのです。思いやりがあなたの中にあります。太陽があなたの中に入っています。あなたには全くコンプレックスがなく、それは完全な解放です。それが、自由への踏み込みであり、自己の概念の除去です。
:引用おわり

(解説)
上記のティク・ナット・ハンの法話は、般若心経と同様に、究極の真理(非二元性)に基づいていることに注意する必要があります。

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/11/4.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/11/the-heart-sutra-revised-4-4.html


ティク・ナット・ハンの書