Saturday, November 7, 2015

第一の敵は自分自身です。

次のティク・ナット・ハンのビデオを1:51:30~1:55:40迄ご覧ください。


引用:
仏陀は、「私たちの中に苦しみがあります。私たちは通常、外部を、環境を、人々を責めます。そして、私たちは他人が第一の敵、私たちの第一の敵だと考えます」と言いました。 

仏陀は、「深く調べると、第一の敵は自分自身であることをあなたは発見するでしょう。自分を最も苦めるのは自分自身です。消費する方法、幸せを探す方法、食べる方法、飲む方法、人生を計画する方法、耐え忍ぶ苦しみに反応する方法は、ほとんど私たちが創造したものです。私たちは自分の最悪の敵です」と言いました。それは仏陀が言ったことです。

私たちは自分自身の苦しみに責任があります。苦しみを責めないでください。あなたの苦しみを、あなた以外の他人のせいにしないでください。あなたが創造者、あなたの苦しみの主たる創造者です。あなたが第一の敵なのです。あなたの第一の敵は、あなたなのです。 

ですから、苦しみの核心を調べると、私たちが苦しみを養うために使用した栄養源を特定することができるのです。これが自分にとって良いことであると私たちは考えたのかもしれません。しかし、これまでのところ、それは私たちをたくさん苦しめてきました。そして一度、私たちが不幸の栄養源を認識したなら、ただそれを止めるのみです。すると、私たちの苦しみは死なねばならないのです。  

そして、これはサンガとして一緒に行えます。伝統に則り、私たちは常にサンガと共に実践します。それが座禅であれ、歩行(瞑想)であれ、私たちは常にサンガの集合的エネルギーを有効に活用することができます。そして、サンガは私たちに輝く光を提供することと、私たちを支援することができます。それから、サンガは私たち自身の苦しみの根源や、私たちの苦しみに食物を与えるのを止める方法を私たちに助言することができます。

ですから、サンガに帰依することは、信仰の宣言ではなく、それは実践なのです。私たちは一緒に実践をすることができます。私たちは一緒に瞑想でき、一緒に自分の苦しみの源を発見することができます。そしてもし、私たちが私たちに苦しみをもたらした栄養源を遮断することにおいて互いに支援し合えたなら、私たちは一緒に蓮を育てることができるようになります。私たちは美しい蓮を育てることができるような方法で泥(苦しみ)を扱うために互いに助け合うことができ、私たちはもはや泥、苦しみに対して差別をしなくなります。その代わりに、私たちは隠者を知る方法とそれを十分に活用する方法が分かります。 

仏陀の道は中道と呼ばれる道です。中道は正反対のペアを超越する方法です。それは、誕生と死、存在と非存在などの概念のいずれにも捕捉されないものです。
:引用おわり

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/11/blog-post.html
http://www.slideshare.net/compassion5151/3-46874436
http://www.slideshare.net/compassion5151/ss-17055865

ティク・ナット・ハン