Saturday, December 12, 2015

喜びと幸せを発生させる五つの手法

喜びと幸せを発生させる五つの手法は、次の通りです。

< 一般的真理 > (= 二元性)

1. マインドフルネス 
  * マインドフルな呼吸、歩行などは思考を停止することによって
  目覚めた意識(本当の自分)を復活させ、生命の奇跡に触れ
  ることを可能にしてくれます。

2. 選択的水やり 
  * 潜在意識にある健全な種子に水やりをすれば、健全な心行
  (感情等)が顕在意識に顕現します。

3. 洞察 
  * マインドフルネスと集中(深く見ること)を通して、不健全な心行
  (苦しみ)の根本原因を理解した時、不健全な心行が健全な
  行へ変容されます。

< 究極の真理 > (= 非二元性)

4. 相互に依存し共同発生 (表裏一体) 
  * もし、苦しみがあるなら、幸せも同時になければなりません。
  なぜなら、現象界においては、苦しみと幸せは相互に依存し
  共同発生するからです。言い換えれば、苦しみと幸せは表裏
  一体です。苦しみは幸せに他なりません。

5. 「空」 
  * 概念も、時間と空間もありませんので、本体の世界において
  は、苦しみは不可能です。(苦しみと幸せは人間によって創造
  された、ただの概念です。)悟りを開いた時、目覚めた意識は
  現実の本質に触れることができ、同時に現象界と本体の世界
  で生きることができます。

☆ 一般的真理に深く触れると、究極の真理に触れることが可能。

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/16-exercises-on-mindful-breathing.html
http://compassion5151.blogspot.jp/2015/10/blog-post_7.html

http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS