Sunday, July 12, 2015

正にこれ!

以下ビデオのティク・ナット・ハンのメッセージは大変役立ちます。


禅の世界では、「正にこれ!」と言います。あなたが今、この瞬間に経験していることは、あなたが探しているものなのです。正にこれ!あなたは別の場所や別の時間にそれを探す必要はありません。そして、これは非常に素晴らしい解脱の門です。(中略)それは多くの苦しみを軽減するのに役立ちます。そして、私たちの文明はその方向に向かっていません。私たちは常に自分の外部に何かを探しています。私たちは常に未来へ走っています。私たちの幸せの条件が既に今、ここにあることを認識することができません。(中略)そして、それは無願の実践の教えに属します。

愛と思いやりの瞑想は多くの安心をもたらすことができ、あなたに癒しの蜜をもたらすことができます。誰かがあなたを苦しめたとしましょう。あなたはその人を非常に残酷だと思います。その人はあなたと、あなたの家族と、あなたの国に、多くの苦しみを与えました。そのためにあなたは大変苦しみ、自分が救済を得るために、その人やそのグループの人にたくさん苦しんで欲しいと思います。あなたは罰の観点で考えています。あなたは苦しんでおり救済を得たいので、罰がそうするのに役立つと思います。あなたは他人が苦しむのを見たいのです。そして、あなたに多くの痛みを与えた人が苦しむ場合、あなたは気分がいいのです。報復の意志です。あなたの中の暴力です。あなたの中の憎しみです。そして、その憎しみ、その怒り、復讐の意志はあなたの心と体を燃やし続ける火のようなものです。あなたは地獄にいます。地獄が今、ここにあります。直前に、神の王国は今、ここにあると言いました。しかし、それは地獄についても本当なのです。もし、煩悩の炎が私たちを焼き尽くすのを許すなら、地獄は今、ここに存在し得ます。

あなたの注意の焦点を他人にあわせると、他人もまた大変苦しんでいるのを見ることができます。誰かが大変苦しんで、自分の苦しみに対処できない時、その人は自分の苦しみをそこらじゅうに撒き散らし、あなたがその犠牲者になるということは事実です。(中略)これは自然なことです。これは、すべての人に当てはまります。ですから、深く調べると、その人は子供の頃、自分の両親から愛と思いやりを学ぶ機会を持てなかったのかもしれないということを理解します。ご両親はその人が子供の時に多くの傷をつけました。そして、誰も子供の傷を癒すのを助けませんでした。その人が学校に行っていた時、教師は助けませんでしたし、周囲の学生も助けませんでした。すると、怒りの種子、苦しみの種子、憎しみの種子は成長し続けます。ですから、そのような人は助けが必要です。罰は必要ではありません。そして、深く調べ、その人の中に苦しみの存在を認識する実践によって、これまで誰もその人の苦しみを軽減し、憎しみや暴力を変容するのを助けなかったので、その人は助けを必要としているという真実を理解するかもしれません。そして、もし私たちがその人を罰し、殺すなら、その人は死んでしまい、一層苦しむことになります。私たちもまた、その人を助けることはできません。ですから、そのように見ていくと、あなたは洞察を得ます。その洞察はその人を助けるために何かをすることをあなたに動機付けるかもしれません。そして、あなたの中の憎しみや暴力が思いやりに変容されていたことをあなたは知ります。

(参考)http://compassion5151.blogspot.jp/2015/05/blog-post.html

Thích Nhất Hạnh