Sunday, January 3, 2016

涅槃

次のティク・ナット・ハンのビデオをご覧ください。


引用:
仏教では、全ての苦しみの終わりである涅槃について話します。まず第一に、涅槃は全ての苦しみの終わり、絶滅を意味します。しかし、私たちの苦しみは私たちの誤った知覚無明(無知、錯覚)、誤解から生じます。ですから、瞑想の実践深く見る実践は、誤った知覚を自分から取り除く目的があるのです。あなたが誤った知覚を取り除くことができたなら、常に誤った知覚から生じる煩悩や苦しみから解放されるでしょう。あなたはあなた自身と他人に誤った知覚を持っており、他人は自身とあなたに誤った知覚を持っていて、それが恐れ暴力憎しみの原因です。ですから、誤った知覚を取り除こうとすることが、平和への唯一の道です。ですから、まず第一に、涅槃は誤った知覚を取り除くことなのです。あなたが誤った知覚を取り除く時、あなたは苦しみを取り除きます。

そして、深く瞑想すると、存在と非存在生と死行き来のような考えでさえ、誤った考えであることをあなたは見つけ出します。あなたが現象の中にある現実に触れることができたなら、あなたは本質究極の現実は、生から解放、死からの解放、来ることから解放、行くことからの解放、存在からの解放、非存在からの解放であることを実感します。ですから、まず第一に、涅槃は誤解や苦しみの道に役立つ考えや概念を取り除くことなのです。もし、あなたが死を恐れ、無を恐れ、非存在を恐れているなら、それはあなたが死や非存在に対して誤った知覚を持っているからです。フランスの科学者、ラボアジェは、生も死もないと言いました。彼はただ彼の周囲の現実を観察し、「何も創造されず、何も破壊されることはない」(不生不死:何も生まれず、何も死ぬことはない)という結論に到達したのでした。

あなたが雲を見る時、あなたは雲は存在であると考えます。そしてその後ずっと、雲が雨になった時、あなたはもう雲を見ることはなく、雲はないと言います。そして、あなたは雲を非存在と説明します。しかし、あなたが深く見るなら、雨の中に雲を見ることができ、それ故に雲が死ぬことは不可能なのです。雲は雨、雪、または氷になることができますが、雲は無になることはできません。ですから、死の概念現実に適用することはできないのです。変容があり、継続がありますが、あなたの心の中では死は有から突然無になることを意味するからといって、あなたは死があると言うことはできません。(死があると言ってしまうと)あなたは突然、人から人でなくなってしまいますので、雲に対しても人間に対しても、死の概念を現実に適用することはできません。

そして、仏陀は死んでいません。仏陀はサンガ(教えの実践者共同体)によって、ダルマ(教え)によって継続しただけです。そして、あなたは今、ここで仏陀に触れることができます。ですから、生まれるとか、死ぬとか、来るとか行くとか、存在と非存在のような考えは、深く見る実践によって取り除かれるべきなのです。あなたがこれらの概念を取り除くことができた時、あなたは自由であり、恐れがなくなります。恐れがないことは、大きな幸福の真の基盤です。恐れがあなたの心にある限り、幸福は完璧にはなれません。ですから、涅槃はあなたが将来得るものではないのです。涅槃とは誤った概念、誤った知覚を取り除く能力であり、それが自由の実践です。涅槃とは自由、見方からの自由であると説明できます。そして仏教では、全ての見方が誤った見方です。あなたが現実に触れたなら、あなたはもはや見方を持ちはしません。(見方の代わりに)あなたは智慧を持っています。あなたは現実と直接遭遇します。すると、それはもはや「見方」と呼ばれはしません。
:引用終わり

(解説)
全ての煩悩や苦しみは誤った知覚から生じます。そして言い換えると、誤った知覚とは、錯覚、幻想、誤解を引き起こす考え、概念、見方、即ち無知です。更には、誤った知覚、考え、概念、見方は区別、分離、差別、即ち二元性のためにありますので、煩悩や苦しみが生じるのです。そして、これら全ては人間の創造物です。それ故に、涅槃とは誤った知覚、全ての見方、即ち全ての概念の絶滅なのです。そのためには、マインドフルネス、集中、洞察が効果的な手法です。

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS

ティク・ナット・ハン