Thursday, September 8, 2016

「私と共に歩もう」(ドキュメンタリーの予告編)

マインドフルネス、精神的指導者ティク・ナット・ハンに焦点を当てたドキュメンタリー映画「私と共に歩もう」(Walk With Me)」の最初の国際予告編を深くご覧ください。


以下は、ビデオからの抜粋です。

引用:
1) 私たちが歌いたい歌があります。「私は到着しました、家に居ます。」

2) マインドフルネスは、常に今、ここに到着することです。

3) あなたはいっぱい走ってきましたが、到着していません

4) ですから、マインドフルネスの実践は、私たちの人生を深く生きる方法、私たちの人生を無駄にしない方法を学ぶのに役立ちます。

5) 空を覗き込んで、美しいを見てください。その雲はとなりました。そして、あなたがあなたのお茶を飲む時、あなたのお茶の中にあなたの雲を見ることができます。

6) 過去はもうありません。未来はまだありません。今、この瞬間のみしかありません。
:引用終わり

(解説)
「私は到着したことに気付いています。私は今、ここという家に居ます。」これは、目覚めた意識(独立していない自己)が、今、ここに復活したことを示しています。目覚めた意識は、生命の奇蹟に触れて、今、この瞬間に常に楽しく幸せです。今迄は、エゴ(独立した自己)が後悔、悲しみ、恐れ、不安を持って過去や未来を彷徨っていました。  

2') 私たちが今、この瞬間に生き生きするためには、1日24時間マインドフルになる必要があります。過去や未来における私たちの心の分散は、「失念」と呼ばれています。失念して生きている人は、生ける屍(歩く屍)です。マインドフルネスは、私たちが肉体的にも精神的にも生き生きすることを可能にしてくれます。

3') ほとんどの人は、将来の幸せを探し求めて走っています。しかし、幸せは今、この瞬間にのみ手に入ります。ですから、あなたが今、ここに到着したのなら、幸せになることができるでしょう。マインドフルネスが解決策です。

4') マインドフルネスの実践とは、意識的な呼吸、座禅、歩行などを意味します。私たちが失念して生きるなら、私たちの人生を無駄にするでしょう。しかし、私たちがマインドフルネスで生きるなら、現実の本質に触れながら、意義深い人生を送るでしょう。

5') ティク・ナット・ハンは水として継続する雲の例を通して、この少女に不生不死を、継続しかないことを教えました。そして、その少女は、「あなたの雲」は自分の(亡くなった)犬を意味することを理解し、微笑みました。

6') 生命は今、ここでのみ手に入ります。しかし、ティク・ナット・ハンが「今、ここに住むことは、あなたが決して過去について考えないとか、責任を持って将来の計画を立てないことを意味するものではありません。その意図は、単に自分を過去の後悔や将来の心配に迷わせないということです。あなたがしっかりと今、この瞬間に基礎を置いているなら、過去は探求の対象になり得ますし、あなたのマインドフルネスと集中の対象にもなり得ます。あなたは過去を調べることによって多くの洞察を得ることができます。しかし、あなたはまだ今、この瞬間に基礎を置いています」と言ったことを、私たちは覚えておく必要があります。

(参考)http://variety.com/2016/film/global/benedict-cumberbatch-documentary-walk-with-me-westend-first-trailer-thich-nhat-hanh-mindfulness-1201852632/
http://www.lionsroar.com/watch-the-trailer-for-the-new-benedict-cumberbatch-narrated-documentary-about-thich-nhat-hanh/