Wednesday, January 6, 2016

仏教の瞑想

次のティク・ナット・ハンのビデオをご覧ください。


引用:
仏教の瞑想は、現実の本質を深く見る実践です。私たち(一般人)は十分な集中マインドフルネス(念)を持っていませんので、深く見ることができません。私たちは、私たちが見るものや聞くものによって騙され得るのです。仏教の瞑想は科学のようなものです。科学もまた、より深く見ようとする試みです。あなたは空を見て、星を見ます。あなたは星があると強く信じています。しかし、その星は既に千光年前に消滅してしまった可能性があります。ですから、あなたはあなたが見るものや聞くものによって騙され得るのです。そして、科学は私たちがより慎重になるのに役立ちます。仏教も(科学と)同じことを行います。あなたが深く見れば、そうすると、あなたは誤った知覚幻想から自由になることができます。命は永久(不変)だという幻想や、それぞれの生きものの中に生息する永久(不変)の魂があるといった幻想です。この種の物事から自由になれるのです。

仏陀には先生がいました。仏陀は何人かの先生についていきました。そして、仏陀は共同体と一緒に実践しました。そして、仏陀は深く見る道において、いくつかの進歩を遂げていました。しかし、仏陀は最終的に、この種実現は自分を解放するのに十分ではないことを実感しました。ですから、仏陀は独自に(実践を)継続しなければならなかったのです。そして、菩提樹の根元で座禅を組んでいる時に、仏陀は突破口を開くことができました。仏陀は、相互依存の性質相互浸透の性質を発見しました。仏陀は深く見る方法を発見し、生と死、行き来、存在と非存在の考えを超越することができました。すると、仏陀は完全に苦しみから解放されました。仏陀の幸福、救済は、偉大な理解のおかげで可能だったのです。あなたが偉大な理解を得た時、あなたはもはや生まれ、死ぬことを恐れはしません。それ故に、あなたは他の人々とあなたの洞察や実践を分かち合いたいのです。
:引用終わり

(解説)
仏陀が発見した深く見る方法とは、マインドフルネス(念)と集中を通して洞察を得ることです。まず第一に、私たちはマインドフルネス(念)を通して、目覚めた意識を復活させる必要性、即ちエゴ(独立した自己)から本当の自分(非独立自己=目覚めた意識)へ自分自身を変容する必要があります。第二に、私たちは現実の本質や根本原因を理解するために、私たちの心を集中する必要があります。この偉大な理解は洞察として得られるのであり、思考を通した知識としてではありません。ですから、洞察の鍵はマインドフルな呼吸を通して思考を停止することです。非思考は簡単に聞こえますが、エゴ、特に知的なエゴにとっては、そう簡単ではないかもしれません。

(参考)http://www.amazon.co.jp/dp/B012YZBHHS


ティク・ナット・ハン